薬剤師転職ドットコムで異業種から病院転職しよう

薬剤師のアルバイト・パート ママ薬剤師の必見求人とは

   

薬剤師は正社員でなくともかなりの高待遇を得ることが出来ます。
地方には時給5,000円という待遇の求人もあり、正社員よりも高い給与を得ているケースもあります。
特にお子さんがいらっしゃり、フルタイムの勤務が忙しいママ薬剤師の方には大きなチャンスが広がっています。
では、アルバイト・パートで働くことのメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

薬剤師アルバイト・パートのメリット

高時給

やはり何はともあれ高時給がメリットでしょう。
時給3,500円~5,000円程度が期待でき、いわゆる世間一般の時給1,000円程度のアルバイトとは全くイメージの異なるものになります。
今現在は薬剤師不足が顕著で全国的に高時給の求人が多くなっています。
しかし6年生大学出身の薬剤師が今後どんどん世に出ていけば、段々と人手不足が解消されると求人の待遇が低くなるかもしれません。
今、高待遇の内に職を得てしまう事が得策でしょう。

勤務時間が短く・勤務日の都合がつけやすい

フルタイムの薬剤師よりも短い勤務での仕事が可能です。
午前中だけ、6時間だけ、などの勤務であればお子さんがいるママ薬剤師の方も、保育園の時間に合わせて勤務することなどが可能です。

またフルタイムでドラッグストアなどに勤務すると土日休みなどはなかなか難しいかもしれませんが、
アルバイトの立場であれば自分の希望を優先する事が可能です。

勤務地の自由 自宅の近所で働ける

正社員であれば異勤など突然の事例にも対応する必要がありますが、アルバイト・パートの薬剤師であれば、自宅の近所で働けばよいだけです。
自分の希望に合わせて選べますので、無理をする必要がありません。

薬剤師アルバイト・パートのデメリット

ドラッグストアや調剤薬局以外の求人を探すことが困難

アルバイトやパートの薬剤師求人は殆んどがドラッグストア、調剤薬局の物に限られます。
急性期病院などで働きたい!という希望を叶えることはかなり困難です。

正社員より下に見られる

当然ですが、勤務先では正社員が立場的に上になります。
だからこそ責任も軽いわけで、当たり前の話にはなりますが、時にはほとんど同じ仕事をしているのに・・・と不満に思うことがあるかもしれません。

雇用の安定性が無い

正社員よりも先に、アルバイト・パートは首を切られる事があり得ます。
ここはやむをえないところでしょう。

薬催事アルバイト・パートのまとめ

いかがでしたでしょうか。
正社員だけでなく、アルバイト、パートにも働きやすさと高時給というメリットがあります。
あなたの都合に合わせて柔軟に雇用形態を選ぶとよいでしょう。

 - 薬剤師お役立ち情報